手をつないで

存在にふれる いのちにつながる

Loving Touchcare®

ラヴィングタッチケア講座

ラヴィングタッチケア Loving Touchcare®講座で は家庭で、医療、介護、看護、教育、保育現場で安全に用いることができる触れるケアのエッセンスを学びます。

道具は必要ありません。手で、まなざしで、声でふれるワークから人と人が触れ合う意味を深めます。

初めての方も少人数で安心できる空間の中で、まず自らが「ふれ」「ふれられる」経験を重ねます。

【ラヴィングタッチケア基礎講座 The Awareness of Loving Touchcare®】

ラヴィングタッチケアは人の手の温かさや質感を大切にしたリラクセーション効果の高いタッチケア「触れるケア」です。

 

「2日間、 愛を込めたタッチをシャワーのように浴び続けたら、わたしたちのからだは、こころは、認知は、骨は、筋肉は、腱は、神経系は、感覚は、 感情は、世界観はどうなるか」という壮大な実験でもあるラヴィングタッチケア基礎講座は触覚刺激が心身へ及ぼす作用への理論と豊富な実践ワークを通して、からだとこころの自己調整力を高めるタッチケア講座です。


肌への心地よい刺激は、筋肉の緊張を緩め、痛みをやわらげ、呼吸を改善し、消化器系の働きを整え、循環器系などを安定化させます。さらにストレスホルモンを軽減し、自律神経やホルモン・免疫・体内環境が整い、感覚統合を促して、健全なボディイメージを構築することに役立ちます。
またタッチケアによる心と体の統合は、自己肯定感を高め、幸福感、安心をもたらします。

ラヴィングタッチケアは妊産婦、乳幼児やこども、成人、症状のある方、高齢者に適用するホリスティックアプローチです。

◆対象者:どなたでも
・心身の深いレベルの調和、気づき、統合に関心のある方
・家族の健康を願う方
・セラピスト・看護師・医療従事者など触れるケアを行う方
・子育て支援に関わる方
・人に触れる基礎を学びたい方。
・触れることを通した新しい関わりの方法を身につけたい方

◆第14期開催日時:2022年は未定リニューアル予定

オンライン3回、対面1回 全4回 16時間 +フォローアップミーティング

 

<日程と時間>

*第1講座(理論編)4時間

「ホリスティックケアのツールとしてのタッチケア 身体性アプローチによるこころと身体の関係性」

 

*第2講座(理論編)4時間

「つながりの神経系としあわせホルモンオキシトシンから考える安心感のケア」

 

*第3講座(ワーク編)4時間

「ラヴィングなあり方から「触れるケア」の基礎を学ぶ」

 

*第4講座(ワーク編) 4時間

対面 会場:ケアルームつむぎの森(大阪京橋)

「心と身体システムの統合をもたらすタッチケアワーク 触れる、触れられる、触れ合う」


◆講師:はやしひろこ

◆受講費:各16,500円(税込・テキスト代込み)
◆お申込み方法:事前申し込み、事前振込みをお願いします。
お問い合わせフォームからご連絡先をお知らせください。折り返し、詳細メールとお申込みフォームをお送りします。

迷惑メールフォルダに振り分けられていることもありますのでご確認くださいませ。

◆基礎講座のコンテンツ予定

<理論編>

*触れることは愛を伝えること

*からだのスピリチュアリティに目覚める

*ラヴィング・タッチケアの基本原理

*ホリスティックアプローチとしてのタッチケア

*タッチケアの適用

*ラヴィングタッチケア理論

・皮膚への触覚刺激が治癒システムにもたらすこと

・手の治癒力の歴史的な背景

・いのちを育むタッチケア

・触覚と肌のメカニズム

・皮膚刺激への情報伝達経路

・感覚器としての皮膚の役割

・体を感じる 身体知覚

・皮脳同根=皮膚は第2の脳

・外界との境界線としての皮膚

・発達過程から考える触覚刺激

・ホリスティック系への触覚刺激

​・ポリヴェーガル理論(仮説)とタッチケア

・タッチケアと疼痛コントロール

・やさしく触れることの意味

・筋連鎖とタッチケア

・エネルギー的共鳴システム

・オキシトシンとタッチケア

・タッチケア研究からわかること

・触覚刺激での安らぎ反応

            

 

【ワーク】

Loving Field を構築する

            呼吸をリセットする 呼吸で触れる

            センタリングとグラウンディング

            まなざしで触れる

            声で触れる

             心と体を癒すラヴィング・タッチケアの基本テクニック

            ラヴィングタッチあいうえお

 

Self Healing work

            自己調整(セルフ・レギュレーション)のためのセルフタッチヒーリング

 

Loving Touchcare Advance work

            感情を伝えるラヴィングタッチケア

            自己調整力を高めるラヴィングタッチケアの基本ポジション

            感情に働きかけるタッチケア

【ラヴィングタッチケア アドバンス講座 The Anatomy of Loving Touchcare®】 

<ラヴィングタッチケア基礎講座受講者対象>

Covid-19の感染拡大に伴う行動制限を鑑み、安全性が確保できるまで開催日程は未定です。

◆大阪開催:

ラヴィングタッチケア®を深めるアドバンス講座。各日、一日完結の内容ですので、一日参加、2日間参加が可能です。

このワークショップでは、愛を込めてふれるタッチケアに関する理論と体験を重視した基礎でのふれるワークをベースに、解剖学、生理学、心理学、発達心理学、エネルギー医学とタッチケアをつなげる理論とワークを通じて、より再現性のある、そして自分自身とご家族へのタッチケアの可能性を探求します。

愛を込めてふれる、ラヴィングタッチあいうえおを考察し、Beingに根差したふれ方、在り方、呼吸法を学びます。

また関係性の構築を重視したセラピューティックな場の意味、触覚と脳、こころとからだとの関わりから体の声を聴き自分自身や相手を尊重する方法、心身の治癒システムを整えるためのタッチケアについて深めます。

◆対象者:ラヴィングタッチケア基礎講座The Awareness of Touch受講者対象
◆詳細のお問い合わせ・お申込み方法:
お問い合わせフォームからご連絡先をお知らせください。
折り返し、詳細についてのご案内とお申込みフォームをお送りします。

特別な医療ケアが必要なこどもへの家族の関わりを重視するタッチケア活動から考える

〜特別なケアが必要なこどもと家族のつながりと安心感を支える小児タッチケア 理論と実践 

ぴったりテディ

*こちらの講座受講は、ラヴィングタッチケア基礎講座、赤ちゃんのためのタッチケアとふれあい歌(リズミックタッチケア)講座、NPO法人KAFラヴィングベビータッチインストラクター講座いずれかの受講生を対象にしています。

 

また第2部だけのご受講はできません。第1部のご受講をお願いしています。(動画受講も可能です)

 

つむぎの森でのラヴィングタッチケア基礎講座受講者を対象に、小児緩和ケア領域、NICU、在宅訪問などでの小児がんや症状のある

特別な医療ケアが必要なこどもへの家族の関わりを重視するタッチケア活動から考えるつながりと安心感とを支える小児タッチケアについての考察を土台にした2部からなる講座を開講します。

つむぎの森ではケアルーム、在宅訪問、市中病院の小児病棟、NIC Uで小児がん、白血病、低出生体重の赤ちゃんや

難病のお子様へベッドサイドでご家族からの安全で絆を深めるタッチケアを伝えています。

 

成長期の子どもにとっての病気や入院治療は、症状、治療の辛さに加えて、大好きな家族や友人に会えず、

子どもらしい自由な動きも遊びも学業も制限される大きなストレスになります。

年齢が進むと自分の病気を知り、周囲に心を閉ざしてしまうことも少なくありません。

 

病気のこどもたちへのタッチケアは、発達途上であることや、疾患や治療による身体的な脆弱性を有し、

発達年齢によってコミュニケーションや病気の理解、痛みの表現も異なります。

 

この講座では、子どもの発達に合わせたサポート、心と身体の状態、行動のアセスメントによるタッチケアの組み立て、

介入時の注意点、また終末期も視野に入れたこどもと家族の支援について

「ただ一つの正解」ではなく、考察とディスカッションも含めて深めていく内容となっています。

全3日間、各4時間の講座はオンライン開催となります、

 

第1部は、タッチケアや子どもたちの環境、発達についての概論となり、

第2部は、全人的ケアとしてのタッチケアの実践について、知識と経験を積んだセラピストとしてのタッチケア、

家族への指導を含めた実践ワークを行います。

 

<テーマ>

「特別な医療ケアが必要なこどもへの家族の関わりを重視するタッチケア活動から考える

〜特別なケアが必要なこどもと家族のつながりと安心感を支える小児タッチケア 理論と実践 」

<対象者>

:つむぎの森主催の「ラヴィングタッチケア基礎講座修了者」

「赤ちゃんのためのタッチケアとふれあい歌(リズミック)タッチケア講座修了者」

「NPO法人KAF認定ラヴィングベビータッチインストラクター講座」のいずれかの受講修了者

 

<日程と時間>

□第1部 4時間

□第2部 4時間

□第3部 4時間

<受講費用>各16,500円(税込・テキスト・アーカイブ視聴込み)

<動画視聴>事前申込の方に限り、動画視聴のみの御受講も可能です。視聴期限は2ヶ月

<最小催行人数>:2名

<お申込み方法>:事前申し込み、事前振込みをお願いします。

<キャンセルポリシー>:全ての講義を録画し、2ヶ月間アーカイブ視聴いただけますので、

ご入金後のご返金はいたしかねます。今一度ご確認の上、お申し込みください。

ただし、止むを得ないご事情、講師都合、天災、不慮の事故などの場合は全額をご返金いたします。

◆講師:はやしひろこ

◆講座のコンテンツ予定(予告なく変更になる場合があります)

 

<第1部 >

・病気のこどもへの小児へのタッチケア

・特別なケアが必要なこどもたち 小児緩和ケアも含む

・病気と診断されたこどもたちの心と身体、環境

 

<第2部 >

・病気のこどもたちの心と身体 環境

・こどもの発達段階と痛みの表現

・発達段階による病気の理解とコミュニケーション

・特別なケアが必要なこどもへのタッチケア介入手順例

・こどもの行動評価とタッチケア

・小児タッチケア施行時の注意点と感染対策

・小児タッチケア最新の研究

・こどもと家族の関わりの支援のポイント

・こどもの非言語的サインとアセスメント

・ポリヴェーガル理論から考えるアタッチメントと安心感のケア

 

<第3部>

・車椅子やベッドの上でもできる小児タッチケア手技ライブラリ

・小児タッチケアの実践

 

【必ずご確認下さい】

修了書などの発行はいたしません。

また決められたお申し込み期間内のお手続き完了の方へはテキストを郵送いたします。

期日以降のお申し込みの場合は、ファイルを送付しますので各自での印刷のご準備となります。

【赤ちゃんのためのタッチケアとリズミックタッチケアTM 講座】

【この講座はどなたでもご受講いただけます。タッチケアの入門講座です。】

赤ちゃんの柔かな肌に触れ、眼差しと声かけを用いて、赤ちゃんともっと仲良く、楽しめるタッチケアを学ぶワンデイ7時間のオンライン講座です。

第1期、第2期ご受講の方とのシェアの中で、

「リズミックタッチケアTM」という素敵なネーミングになりました。

 

タッチケアと同時に、赤ちゃんが大好きなふれあい歌でのタッチケアも学ぶことができます。

子育て中のお母さん(養育者)、お父さん(養育者)、おじいちゃん、おばあちゃん、助産師、看護師士、幼稚園教諭、医療関係者、子育て支援に関わる方、など多彩な方にご参加いただいています。

またゼロ歳児以外のお子様にも応用できますので、0歳児ではないお子様へのタッチケアにご関心のある方もぜひ、ご検討ください。

 

*「発達講座」ではありません。

□こんな方におすすめです!

・タッチケアについて興味のあるかた、

・赤ちゃんの発達について基本を知りたい方、

・寝返りやお首座り、はいはいなど気になることがある方

・赤ちゃんともっと遊ぶ方法を知りたい方

・育児をもっと楽しくしたい方

生後1年までの赤ちゃんの発達を知り、

発達にあわせた手遊び歌タッチケアを受講者のみなさんが作りあげます。

グル―プワークやシェアがあるため、お顔を映していただいた状態での双方向でのオンライン講座になります。

事前お申込みの方にかぎり、欠席時や復習として録画した動画を後日視聴していただけます。

第3期受付は終了しました。 

第1部2時間・赤ちゃんへのタッチケア基本手技・赤ちゃんの発達 

第2部2時間・赤ちゃんの感覚 ・ふれあい遊びとタッチケア

第3部2時間・手遊び歌とタッチケア実習 ・プレゼンテーション

 

*資料は開催1週間前に資料ファイルをお送りしますので、各自ダウンロード・印刷してください。

​*受講料金: 16,500円(税込)1ヶ月のアーカイブ視聴含む

 

【乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者養成講座】 

Loving Touchcare®Instructor  for Infants & Kids

  <ラヴィングタッチケア®基礎講座受講者対象> 認定料や更新費用などは一切ありません。

◆開催日時:covid-19新型コロナ感染拡大予防の観点から2021年の開催は未定です

つむぎの森®修了認定乳幼児のためのラヴィングタッチケア®指導者講座では基礎講座16時間+指導者講座32時間+練習日と修了試験の

トータルして100時間のカリキュラムで多角的に赤ちゃんのこころとからだの発達と乳幼児へのタッチケアを学びます。

子を愛おしみ、大切に育む気持ちを、養育者の掌の温かさや優しいタッチで伝えるラヴィングベビータッチを養育者に指導し伝える講座です。

この講座では、主に定型発達児と家族へのタッチケア指導を行う指導者養成を目的としています。

タッチケアは年齢を問わず、入院中の新生児から乳児早期、また2~3か月以降から幼児期、児童期に適しています。

乳幼児のためのラヴィングタッチケアレッスンでは、児の在胎週数、またタッチケアを行う月齢、発達の状態、身体的条件、母親(父親)の心身の状態、および母親―父親―児の関係性を考慮しながら、ホールディング、皮膚への穏やかな刺激、四肢の屈伸運動からなる運動感覚刺激法を、子と養育者にとって一番心地よく、楽しく、行える手技を提案します。

看護師、助産師、保育士、病棟保育士、栄養士、発達支援士、セラピストの皆さんが、ともに学び、連携してこどもたちの健やかな育ちを​支援する在り方を深めます。

【講座内容】

*乳幼児へのタッチケア理論

*乳幼児へのタッチリサーチ

*コミュニケーションツールとしての側面から

*ホリスティックアプローチとしての側面から

*ベビーマッサージの歴史と育児環境の変遷から

*動物としての本能や感覚器である触覚の働きの視点

*触れることと脳生理学の関係

*感覚統合の側面

*遊びの視点から見たタッチケア

*こどものからだの各部の働きとタッチケア

*こどものこころの理論

*乳幼児の心身の発達と身体的特徴  

*教室運営の基礎知識 

実技
*ラヴィングタッチケア
*着衣の上からのタッチケア
*生後2ヶ月から寝返り時期のタッチケア
*はいはいの時期からたっちの時期のタッチケア
*遊びとタッチケア

*発達を穏やかにサポートするタッチケア
*着衣で楽しむ手遊びタッチケア
*気になる症状があるときのラヴィングタッチケア 

受講資格:ラヴィングタッチケア基礎(Awarness of Loving Touchcare)講座を受講した方。子育て支援に関わる方対象.。

修了認定試験は、1時間のデモセッションを行っていただきます。

​デモセッションで規定の成績を収め、教室開催レポート、いくつかのレポート提出により〈乳幼児のためのラヴィングタッチケア®指導者〉として修了認定証を授与します。

​修了認定テスト受講料・証書発行代を別途いただきます。

 

テスト修了の認定後は倫理規定に従った各自の自由な活動を行っていただきます。

自主開催に伴う登録料や更新料や認定料など一切の料金は発生しません。

​知識のアップデートのため、年に一回の練習会、あるいは講座への参加をお願いしています。

【頭から足までラヴィングに包む実践タオルケア&至福のヘッドタッチケア講座】

【この講座はラヴィングタッチケア基礎講座修了者を対象にしています】

手で、まなざしで、存在で愛とともに触れるラヴィングタッチケア。

施術のはじまりと終わりまでを支える、心地よさを重視したタオルケアとヘッドタッチケアを学ぶワンディ講座です。

日時:Covid-19の感染拡大に伴う自粛や緊急事態宣言を受けて2022年の開催日程は未定です。

コンテンツ:

*施術の前のポジショニング

*心地よさの感覚

*タオルケア 下肢・背面・胸部・頭部

*タオルの上からのラヴィングタッチケア

*頭部・頸部へのラヴィングタッチケア

3人に1台のマッサージテーブルを用意しています。

実技中心の講座です。

バスタオル、タオルをご持参ください。