がんの方へのタッチケア

ケアルームのオープン当初から

がんの方へアロマトリートメントやタッチケア を行ってきました。

ケアルームを訪れてくださる方だけでなく、

緩和ケア病棟や在宅で療養している成人や小児がんの方、

また担当医の同意を得て病院を訪れることもあります。

正確には数えていませんが、

おそらく延べ人数にして数百、一週間全てのお客様ががんの方ということも珍しくありません。


治療目的ではありませんが

侵襲度が低く、不安に寄り添うタッチケア は、

手術の前後、抗がん剤や放射線治療のさまざまな苦痛や痛みを

身体的にも精神的にも和らげ、

治療を希望へとつなげることができた、とおっしゃってくださいます。


今日も術後の抗がん剤治療と放射線治療が始まった方の病院へ。

入院してからよく眠れず、

治療への不安を口にされていましたが、

タッチケア を始めるとすぐにすーすーと眠りの中へ。


手のぬくもりだけで、「いのち」を実感できたと喜んでくださいました。


放射線治療の「匂い」対策にも植物の香りは上手に使えます。


退院したら、一緒にカリンバを弾こうね。

そんな約束をしてきました^ ^





7 views0 comments

Recent Posts

See All

こどもの発達と脳の機能から子どもへの支援を考える

こどもの発達支援に関わる方や、子育て中のお母さんを対象にした発達講座をオンラインで開講しました。 この講座は、大阪大学大学院、連合小児発達学研究科、こどものこころの発達研究センターと連携し、国内外の最新の研究成果をわかりやすく、教育や子育ての現場に届けることを目的としたプログラムで、わたし自身はこのプログラムによって、新生児からAYA世代のこどもたちへの理解につながり、支援の引き出しが増えました。

赤ちゃんの好きな声

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア レッスン。オンラインがメインになりつつありますが今日は訪問です。 電車を乗り継いで来ていただくのは負担が大きいので、去年からは初回は訪問、あとはオンラインで、という形が主流になってきています。 マスクに手袋に手洗いに手指消毒、と物々しい厳重体勢なので赤ちゃんに表情を見せることができないことが残念ですが、お母さんにお願いをして、豊かな表情と声を使っていただきます

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram