こどもの「できる」を発見・ディスカバリーする

最終更新: 2020年12月4日

今日は猪名川の放課後デイサービス、

アソシアディスカバリーさんにお伺いしてきました。


初猪名川でしたが、道中の紅葉の美しさに心奪われました。まさに錦秋でした♪



紅葉の美しさも超えるディスカバリーさんの施設長さん始めスタッフの皆さんの笑顔!!





自閉症のお子さんや不登校、引きこもりのこどもたちの居場所として、隅々まで心地よい空間が整えられていました。

低学年の子どもたちのスペースは、身体感覚や感覚統合のための工夫が凝らされていて、しかも北欧スタイルでとてもおしゃれです。

少し年長のこどもたちのためのスタジオはドラムやギターで音楽療法もできる防音のお部屋があったり、

 バランスボールチェアがあるので、感覚刺激が必要なお子さんも落ち着いて作業に向き合えます。

こどもの「できる」をディスカバリー(発見)するための場と人とエネルギーのバランスにもセンスを感じます。




そして、猪名川の上流の澄んだ清流が流れる敷地の大きな畑や作業小屋、かまどもテントも一つ一つが本当におしゃれ。

夏には川遊び、ピザを焼き、焚き火や農作業体験もできるそうです。





畑では季節の野菜やにんにくを作り、日本蜂蜜で養蜂もされていて、収穫したにんにくはさらに発酵して「くろにん」になり、蜂蜜とコラボしたくろにんハニーをパンに塗って食べると絶品です。

 猪名川の自然の中で、心も身体も伸び伸びとこどもたちが育つ場作りたい。

熱い志しとアイデアを次々に実現化されている姿に、わたしも勇気と力が湧いてきました♪

ご縁をつないでくださったみなさま、ありがとうございました。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人体のもっと奥へ Todd Garciaの解剖ライブストリーミング

新年早々から、素晴らしい学びになりました。 アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。 数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出し

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 穏やかな静かなお正月を過ごしました。 愛する人を、大切に愛する。 自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。 内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。 今日からケアルームの仕事始めです。 さまざまな計画も良い節目が巡っています。 2021年、明らかに、平らかに。 どうぞ今年もよろしくお願いします。