世界はワンダーで満ちている!

Updated: Dec 4, 2020

今日はずいぶん慣れてきたzoomを使ってのオンライン講座の準備。

セキュリティ対策を調べ、画面共有のシュミレーションをして、レコーディングしたリハーサルをチェック。デザリングでのつながり具合、動きのタイムラグ、音声の聞こえ方やホワイトボードの使い方も何度も練習しました。

ホワイトボードは、リアルのものを使おうと決め、文字が反転しないように設定まで終了。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました😊

オンラインは悪くはないけれど、本当はもどかしい。

リアルに触れたい、空気を共有したい、という思いがいっそう強まります。

準備が終わってすこし気が緩み、映画館でみた予告で泣いてしまった映画『ワンダー君は太陽』をAmazon primeで観ました。




いい映画でした。映画館でみたかったな。泣いて泣いて、胸が痛いくらい。


主人公のオギーは先天性の遺伝子疾患があり、彼曰く「僕は普通じゃない」。

オギーを取り巻く両親やきょうだいじである姉や友人たち、登場人物みんなが、誰かの大切な人で、一人一人の背景を丁寧に描くことで、奇跡への信頼が際だつのです。


covid-19の感染拡大による影響は、まだまだ続くでしょう。

人類が進化の過程で獲得してきた、親子で、友達同士で、こどもたちや恋人たちが、肩を抱いたり、ハイタッチをしたり、背中をポンポンしたり、抱き合ったり、一緒に歌を歌つたり。そんな当たり前すぎる風景が奪われてしまったことへの喪失感が、押し寄せてきました。


『世界は素晴らしすぎて、気づかれない』


好きな時に、好きな人と、好きなものを食べ、歩き、会話し、学び、笑う。

当たり前に感じていたものは、私たちの祖先が学び、試行錯誤し、勝ち取って得てきた奇跡。

幸せは、いつも私たちのすぐそばにあったのに、失ってからしか気づかない。


「正しいことと、親切であること。選ぶなら親切なことを」

という劇中の言葉を読んで、今の世界の状況の中でわたし自身が一番残念に思っていることがわかりました。

新しいコミュニケーションの方法を、良きものにしていくヒントが。

ふつふつと力が湧いてきています。

20 views0 comments

Recent Posts

See All

こどもの発達と脳の機能から子どもへの支援を考える

こどもの発達支援に関わる方や、子育て中のお母さんを対象にした発達講座をオンラインで開講しました。 この講座は、大阪大学大学院、連合小児発達学研究科、こどものこころの発達研究センターと連携し、国内外の最新の研究成果をわかりやすく、教育や子育ての現場に届けることを目的としたプログラムで、わたし自身はこのプログラムによって、新生児からAYA世代のこどもたちへの理解につながり、支援の引き出しが増えました。

赤ちゃんの好きな声

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア レッスン。オンラインがメインになりつつありますが今日は訪問です。 電車を乗り継いで来ていただくのは負担が大きいので、去年からは初回は訪問、あとはオンラインで、という形が主流になってきています。 マスクに手袋に手洗いに手指消毒、と物々しい厳重体勢なので赤ちゃんに表情を見せることができないことが残念ですが、お母さんにお願いをして、豊かな表情と声を使っていただきます

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

  • Facebook
  • Instagram