平和はわたしたちの内に 難病とともに生きる青年とタッチケア

Updated: Dec 4, 2020

健ちゃんが、春を思わせるような麗らかな3月に定期メンテナンスにつむぎの森へ来てくださいました。

健ちゃんはミトコンドリア病という難病とともに、人工呼吸器を装着してご自宅で暮らしておられます。

同じように病気と暮らす方へ届くようにと、記事にすることやお写真のアップを許可してくださっています。


健ちゃんは山や海や森、自然を好み、大仏さまと対話し、人工呼吸器を備えたハイスペック車椅子で、国内外を旅しています。いく先々で健ちゃんは、出会う人の生き方や価値観をその根本から、それとは気づかないような優しさで包み込みながら変化させていく力を持っています。

深い叡知をたたえた瞳は、覗き込むと、まるで宇宙の愛の中にいるようです。

会話を楽しんでいるときの生き生きと見開いた目、思考を楽しんでいるときの目ヂカラ、カードを選ぶときの迷いのない指。雄弁に語る健ちゃんの声がいつも聞こえてくるようで、健ちゃんを真ん中にご家族やヘルパーさんとの会話が弾みます♪


お身体を隅々まで触れていくと、健ちゃんがどれだけの痛みや辛さを抱いているのかが伝わります。

初めてお会いした頃は、大きく湾曲した脊柱や胸郭、緊張で拘縮していた手関節や足関節、驚くほど冷たい手足をされていました。

今日の健ちゃんはゆったりと仰向けになり、足や手指はふんわりと開き、呼吸状態が改善して顔色が見違えるようになりました。なによりも、リラックスしてくつろいでいる健ちゃんの姿に、私たちが喜びとしあわせを感じます。

お顔にはクレイフェイシャル、足裏のリフレクソロジー 、ふくらはぎへのタッチケア、ヘッドマッサージ、伏臥位での背中のタッチケア、腹部と胸部へのエネルギーワークの健ちゃんスペシャルコース♪

わたしがお腹にタッチすると、健ちゃんがそっと腕を動かして、わたしの手に重ねてくれました。




温もりが胸を満たし、平和はいつもわたしたちの内にあることを感じます。

シンキングボウルの音色と、健ちゃんの呼吸器が刻む正確な呼吸のリズムが溶け合いました✨





18 views0 comments

Recent Posts

See All

こどもの発達と脳の機能から子どもへの支援を考える

こどもの発達支援に関わる方や、子育て中のお母さんを対象にした発達講座をオンラインで開講しました。 この講座は、大阪大学大学院、連合小児発達学研究科、こどものこころの発達研究センターと連携し、国内外の最新の研究成果をわかりやすく、教育や子育ての現場に届けることを目的としたプログラムで、わたし自身はこのプログラムによって、新生児からAYA世代のこどもたちへの理解につながり、支援の引き出しが増えました。

赤ちゃんの好きな声

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア レッスン。オンラインがメインになりつつありますが今日は訪問です。 電車を乗り継いで来ていただくのは負担が大きいので、去年からは初回は訪問、あとはオンラインで、という形が主流になってきています。 マスクに手袋に手洗いに手指消毒、と物々しい厳重体勢なので赤ちゃんに表情を見せることができないことが残念ですが、お母さんにお願いをして、豊かな表情と声を使っていただきます

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

  • Facebook
  • Instagram