皮神経からラヴィングタッチケア を考える

東京での神経修行は全て終了!

今日はカナダの女性理学療法士が生み出した

DermoNeuro Modulationの最新の疼痛科学と神経科学を学ぶクラス。

この二日で、一体何回「神経」とノートに書いたのか、数えてみたくなりました。

「神」の「経みち」と訳した前野良沢・杉田玄白らの洞察力に首を垂れるのみです。

これまで、さまざまな徒手療法を学んできました。

わたし自身が、感覚過敏があり、

HSPであり、慢性疼痛に悩み床に伏せる時間が長く、体力も筋力もありません。

マッサージなどを受けても、

強い刺激に倒れてしまったり、

吐いたり、何日も痛んでしまったり。

なにより、無表情な人が怖かったのです。

凍りつき、身体が緊張で動けなくなるのです。

そこで、わたしのような人にも安心して受けていただけ

心からリラックスしていただけるように、

触れ方、表情、声、手技を工夫してきました。

人のからだの筋肉や関節や骨は個人差があってもアプローチに大きな違いはありません。

その一つの提案が、

ラヴィングタッチケア R︎になるのですが、

優しく、ゆっくり、丁寧に、弱刺激で触れるだけで、なぜこんなにもからだと心が緩んでいくのか。

なぜ生きる力になり得るのか。

優しく触れた時に、

私たちの内側で何が起こっているのか。

「まなざし」で触れ、「声」で触れ、「思い」で触れることが

魔法やマジックではないと言い切れる理由。

核心に近づいています。

今日の講義の岩吉先生の「カインドネス」な在り方からも多くを学びました。

素晴らしい笑顔!

まだまだ神経修行は続きます^ ^



12 views0 comments

Recent Posts

See All

こどもの発達と脳の機能から子どもへの支援を考える

こどもの発達支援に関わる方や、子育て中のお母さんを対象にした発達講座をオンラインで開講しました。 この講座は、大阪大学大学院、連合小児発達学研究科、こどものこころの発達研究センターと連携し、国内外の最新の研究成果をわかりやすく、教育や子育ての現場に届けることを目的としたプログラムで、わたし自身はこのプログラムによって、新生児からAYA世代のこどもたちへの理解につながり、支援の引き出しが増えました。

赤ちゃんの好きな声

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア レッスン。オンラインがメインになりつつありますが今日は訪問です。 電車を乗り継いで来ていただくのは負担が大きいので、去年からは初回は訪問、あとはオンラインで、という形が主流になってきています。 マスクに手袋に手洗いに手指消毒、と物々しい厳重体勢なので赤ちゃんに表情を見せることができないことが残念ですが、お母さんにお願いをして、豊かな表情と声を使っていただきます

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram